2020年11月22日

依然雑然

29201122.jpg

11月22日 日曜日 晴れ

確実にモノは減っていってる筈なのに、処分しても処分しても部屋の中は依然としてひっくり返ったまま、全く片付いていってるように見えないのはどういうことなんだろ。ただ、子供の頃から気にも留めていなかった納戸の中や押入れの中を初めて奥まで見回してみて、ここまで収納が出来なくなるほど溢れ返ってしまっている原因は何かという事だけは判った。使わないけど勿体無くて捨てられない。いつか使うかも知れないから。そのいつかは永遠にやってこないと本にも書かれていたりするが、他所に違わず我が家の収納も正にその通りの様相になっていた。
日に日に紅葉も色付いて、庭だけは秋の装い。
随分長い間走り回れるスペースもない空間で過ごしている我が家の猫にも申し訳ない気持ちになる三連休の中日のこと。



posted by ryuuki at 23:08| Comment(0) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

庭の晩秋

20201121.jpg

11月21日 土曜日 晴れ

雨が上がって、庭の紅葉も少し色づきがよくなったように感じる。
この秋はモミジよりもこの植物の葉っぱの色が一際綺麗に見える、縁側越しの庭の秋。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

湖畔にて

2020_1119.jpg

11月19日 木曜日 晴れ

陽射し強く、半袖でも過ごせそうな程の暑さのなか、少し気分を変えにと琵琶湖岸道路を走ってアヒルのいる湖畔で暫し息抜きした木曜日。
観光スポットは相変わらず人出多く、目にする飲食店でも静かな会食の光景など何処にあるのかという感じ。家族でならまだしも、友人知人と飲食店に出掛けての静かな会食なんて、おそらくあり得んだろうなあ。


posted by ryuuki at 15:57| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

陽負け寄り道

20201117.jpg

11月17日 火曜日 晴れ

家人を待つ間に行ってみた宇治市植物公園。
園内を一通り回り終える頃には二人ともすっかり陽負けしていたらしく、帰宅後はぐったりで押し寄せる睡魔に呑み込まれるように眠りこけてしまった。
歳を感じる。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

行列のできるゴミ捨て

20201114.jpg

11月14日 土曜日 晴れ

ゴミを捨てるべく市のクリーンセンターへ車で持ち込む。昼前に着いたところ既に60分待ちの札があり、12時で午前の受付が打ち切られ、1時からの再開まで待たねばならんということで、一旦帰っての午後からの受付に出直すかどうかを尋ねられた。到着したのが11時半。待ってる車がセンター内の駐車場に10台。ここまで来て出直すわけにもいかんとその最後尾に着けて待つことにしたものの、3台ほど前に進んだところで時間切れとなって昼休憩に。飲み物の自販機しかないセンターの駐車場で何もすることのない時間を過ごし、午後1時からの再開で1時半にようやく順番がまわってきてゴミ捨てを終えました。センターの門を出る頃には、センターの門内に入りきれない車が長蛇の列に。悩んだけれど出直さないで良かったとつくづく思った土曜日のこと。まだ数回は通わねばならんだろうと思うと先が思いやられる。


posted by ryuuki at 22:39| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

岡山日帰り紀行

2020_1113.jpg

11月12日 木曜日 晴れ

きりえ遺作展を見せていただきに岡山まで。在りし日の姿を思い浮かべつつ、描かれた風景の数々に気持ちを和ませていただきました。
ご主人と講座を受けておられた教室の皆さんからは色んなお話とお心遣いをいただき、滞在時間を和やかに過ごさせてもらった数時間。
心温まる秋の日をありがとうございました。


posted by ryuuki at 23:24| Comment(0) | 日々/フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

転入

20201104.jpg

11月4日 水曜日 晴れ時々曇り

転入届の手続きの為、市役所へ。
長袖を着ていても自転車に乗っての風は冷たく、冬の始まりを肌で感じた水曜日のこと。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

猫と箪笥

20201031.jpg

10月31日 日曜日 晴れ

奥の部屋のタンスを母屋へと運ぶことになりました。引き出しも抜いて空にしたとはいえ相当な重さなうえに縁側の廊下は狭すぎてタンスが通れる幅にあらず、底に布を敷きながら引っ張っての移動も出来ない為、仕方なく今回も二人掛かりで庭から運ぶことに。
猫が縁側に出てこないようにと座敷の障子戸に取り付けている「くぐり戸」の穴を段ボール箱で塞いでから縁側の硝子戸を開け放し、エンヤコラと庭を通って縁側の上がり框までようやく辿り着いたところで上がり口に目をやると、硝子戸全開の縁側にちょこりんと座って我々を見ている猫の姿あり。気持ちは焦れどもタンスを抱えてるだけに身動きも取れず、とにかくゆっくりタンスを廊下に上げ入れました。その間もジッと我々を眺めているだけで庭に下りる素振りもない様子だったので、猫への無関心を装いながら硝子戸を閉めて事なきを得ました。
ほんまに冷や冷やしたけれど、よくまあ猫も庭に下りんかったものよ。
兎にも角にもあぁ良かったと胸を撫で下ろした晩のこと。



posted by ryuuki at 22:59| Comment(2) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

最後の明かり

20201030.jpg

10月30日 金曜日 晴れ

煤汚れて角隅がめくれ上がった壁紙、置かれてあった家具や壁の傷痕。所々に剥がれ落ちたフローリング、劣化してヒビ入った硝子戸に点かなくなったままのキッチン照明。部屋の鍵を返し、空っぽになった部屋を眺めてみたら、暮らした歳月の永さと時々の光景が浮かんでは消えてゆきました。
最後はジョギングに散歩にと利用した夕闇迫る公園をぐるっと一周り、珍しくも沢山の猫に出くわしながら二人歩きして戻り、もう戻ることのない部屋の照明を消して扉を閉めた、満月が綺麗に昇る土曜日のこと。


20201030_4.jpg

20201030_3.jpg

20201030_5.jpg


posted by ryuuki at 22:58| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

パソコンで困ったときに開く本2021

20201029.jpg

本日、10月29日発売の『パソコンで困ったときに開く本2021』Paso編集部/朝日新聞出版

本誌の表紙、目次、章扉のイラストレーションを手がけさせていただいております。


posted by ryuuki at 14:14| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする