2020年08月25日

お初

20200825.jpg

8月25日 火曜日 晴れ

人間ドックでの初めての胃カメラは、尿道にカメラを入れての検査をされた時に匹敵するほどの辛さで、全身麻酔をチョイスしたというのにほぼ効くこともなく、終始先生と看護師さんの声が聞こえていた。
クリニックでは口元にマスクを充てての全身麻酔はなく、静脈注射での全身麻酔になるので直ぐに寝てしまう人もいれば効かない人もいるんですよとの説明を受け、前者になることを切に願いながら臨んだけれども結果は後者になってしまったということになり、もうやりたくない気持ちが満ち溢れ初体験。
注射での全身麻酔に入る前にする鼻への処置の時点で既にうぅぅとなる。
同じ日に全身麻酔を選ばず通常での胃カメラを鼻からした家内はかなりえずいたということだから、それがなかったところは全身麻酔の恩恵を受けたのかもしれないけれども、もうやりたくないという思いにさせられる検査だなあ。
一日も早くもっと楽な検査方法が出てきて欲しいものである。
posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

八月

20200817.jpg

8月17日 月曜日 晴れ

且つてないほどに暑いと感じる夏。
クーラーを点けずしては乗り切れないほどにムゥッとした熱気が部屋中に充満し、冷房の効いた部屋と襖一枚隔てた隣の部屋との体感温度差に愕然とさせられる。それでも猫は、冷房が余程嫌いな様子で一日の殆どを冷房のない部屋で過ごしている。あんな厚い毛皮を身に纏って、なんともないのなら良いのだけれど心配でしようがない。
そんな夏のお盆前に制作で使うフォトショップを替えることになった。これまでカラーパレットで無数に作りながら使ってきたスウォッチの色をまた一から作り直さねばならないようだし、今までプリント時に使ってきたプリンタープロファイルのカラーも消え失せて選択肢に存在せず。あれこれ便利になっているに違いないことながらも、これまでのような使い方が出来るようになるまでには道のりが長そうだ。設定やインストールやソフトの使い方。少数を変えただけのことなのに、こんなに何日もこのことだけに費やすことになるとは。
ただただ部屋で過ごす、暑いだけの夏が過ぎてゆく。
イイィーッとなりそうな八月。

posted by ryuuki at 23:47| Comment(0) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

2011-2020

20200805.jpg

8月5日 水曜日 晴れ

七月が終わると共に、iMacのデスクトップ画面で見ていたインスタグラムが見られなくなり、ついにGoogleMapまでも表示されなくなってしまいました。クライアントのページへもアクセス出来なくなり、検索や買い物も出来なくなってゆく。仕事のソフトは継続して使えても、データを送信したりだとか、結局インターネット環境に頼っているところも多くあるんだったと改めて気づかされるとともに、九年も経てばいくら壊さぬよう大事に使っていてもインターネット環境から見放されることによって使えなくなるということを知らしめられた水曜日。


posted by ryuuki at 23:50| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

京都にて

20200729.jpg

7月29日 水曜日 曇り一時雨

ロシアでの展覧会を介してお世話になった方と再会するべく、京都へ。
なかなかうまく日程を合わせられなかったけれど、なんとか最終週に会うことが出来ました。待ち時間の合間に少し近況を聞いて、その後30分程度の愉しい時間を過ごせたこと、気持ち程度のことしか出来ないまでも、少しのお礼になっていたならよいのだけれど。
束の間の京都からの帰り道は夏の夕立。
それでもいまだ、終わりゆく七月は梅雨のなかにあり。


posted by ryuuki at 01:59| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

自分記念日

20200722.jpg

7月22日 水曜日 晴れのち曇り一時小雨

またひとつ、歳を重ねました。
40代後半からは、もう自分が幾つになるのかなんていう興味は失せて、今日も今日で何歳になったのか、この記事を書きながらも分かっていないし知ろうともしていない自分。いやいや、知ろうともしていないというよりも、ただ知りたくない思いが強いだけか。ただ、晩ご飯の食卓にあがった手作り豆腐ハンバーグとおかずが美味しかったことで充分満足な節目の日。
周りの状況も見える景色もハイスピードで変わってゆくなかで、暑い夏がまた巡ってきて過ぎてゆく。
明日もきっと暑かろうて。





posted by ryuuki at 23:56| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

タイムマシンにお願い

20200718.jpg

7月18日 土曜日 曇り時々晴れ

一昨日、突然画面が真っ白になり、その後使用不可能になったiMac。
進行中のデータだけは間一髪、一度だけ再起動した際に外付けハードディスクにバックアップがとれたことで安堵出来た筈だったんだが、昨晩他にもまだあったことに気がついて再び青ざめることに。買い換えるか、可能性は極めて低いけれども修理してもらえそうな店を探そうかという気持ちのちょっとした余裕も消え失せて、お世話になってたデザイナーさんに電話相談。話のなかで出たひと言をヒントに、外付けのタイムマシンから進行中のデータを取り出すことが出来ました。他のデスクトップ上にあったバックアップとれてないデータも全て。
芯から青ざめて、芯からホッとできた二日間。
兎にも角にも仕事先に迷惑を掛けることにならずに済みそうなことだけは幸い。
出費だけれども、過去の苦い経験から同じパソコン環境を2セット所有していて救われました。
タイムマシン、有難し。


posted by ryuuki at 23:22| Comment(0) | 日々/風景/モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iMacの壊れた日

2020_0717.jpg

7月17日 金曜日 雨時々曇り

描いてる最中に突然モニターがモアレのような状態になり、その後グレー一色に。
様子がおかしいと思い、再起動すると起動音のないまま時間をかけて立ち上がったデスクトップ画面。
そこで、進行中の案件のデータだけをそれぞれ外付けハードディスクにバックアップし、再度再起動したところ、緑とグレーの縦ストライプになった画面が現れ、その後グレーの画面になったままハードディスク等が画面に現れることもなくなってしまいました。
ピーラムクリアを試せど改善せず、突然壊れたiMac。
不安定なまま立ち上がった壊れる直前のあの1回の再起動時に進行中の仕事データを移したことと、何かあったときの為にとサブにしておいたもう一台のiMacが使えたことでとりあえず事なきを得られたけれども、芯から青ざめた金曜日となりました。
それでも尚、この一台がいつ壊れるやもしれんと思うとなんとも落ち着かず。



posted by ryuuki at 00:55| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

ニイニイゼミの声を聞いた日

20200705.jpg

7月5日 日曜日 曇り時々晴れ

ニイニイゼミの声を耳にした郵便局の帰り道。
これまでは七月の始まりを感じていたような気がするのに、今年は五日も過ぎてから七月だと知った。
あれこれやっている筈だが、目の前の光景はあまり変わっていないような気がする。
好きな夏が、なんとなくのまま過ぎていっているような自分風景。
なんのこっちゃ。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

雨の風景

20200704.jpg

7月4日 土曜日 雨

涼しくて気持ち良かった一昨日と、肌寒い昨日を経て、今日は蒸し暑さの一歩手前というところか。
朝から降り続いている雨が役に立ってない雨樋を溢れさせて、ボタボタと等間隔に滴を地面に落としているのが見えた。
トイから草が生えて花まで咲いているあたり、あちこち土で埋まっているんだろう光景が目に浮かぶ。
あれやってこれやって、それでも殆ど片付いていない気がするところに重ねてトイ掃除と裏の溝掃除もせねばなるまい。
気が付けばもう七月。
この間ニイニイゼミの声を聞いたような気がしたけれど、耳鳴りだったのかしらん。






posted by ryuuki at 16:58| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

記憶

20200612.jpg

6月12日 金曜日 曇りのち雨

電話からの知らせに言葉が出ず、ただただ先日交わした時の声と顔が思い浮かぶばかりだった6月4日の木曜日、午前11時のこと。
ふわふわと蛍が飛び交う数日が過ぎて、梅雨入りの雨が今日も降っている。


posted by ryuuki at 23:39| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする