2018年09月27日

金木犀の匂いがした夜

20180927.jpg

9月27日 木曜日 曇りのち晴れ

夜の堤防へと向かう小径に、キンモクセイの甘い薫りが漂っていた。
子供の頃の遠足や運動会を思い出すとともに秋を感じる好きな薫りについ足が止まる。
そういや昨日の晩は肌寒さも感じたし、いつの間にやら秋も深まってきたのかもしれん。
今晩は行き詰まった頭の引き出しから新しい発想が降りてこないものかといつものジョギングはやめて歩いてみたけれど、何にも思い浮かばないうちに家の前に着いてしまった。
しょうがなし。また画面と睨めっこしながら考えるかと、もう一度まあるい月を見上げて玄関の戸を閉めた夜。









posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山にて

20180927.jpg

9月27日 木曜日 晴れ

和歌山県民文化会館で開催中である、武友正修さんのパステル画展を観せていただきに和歌山へ。
自分の表現の未熟さをあらためて感じる。どうすれば先に進めるのか全く分からなかった二十歳過ぎの自分に多くの助言をしていただき、絵でのスタート地点へ向かわせてもらえたご夫妻には感謝の思いしかないけれど、お元気な姿と言葉が交わせてほんとうに良い時間を過ごせた。会館を後に雑賀崎灯台に立ち寄り、海を眺めて帰った和歌山ドライブデー。






posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景/水面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野焼きの匂いがした晩

20180925.jpg

9月25日 火曜日 晴れ時々曇り

土手に上がると、籾殻の焼けた匂いがした。
何処からの風に運ばれてきたのか知らないけれど、好きなこの匂いにスーッと気持が和らぐ。
静かな夜の、ジョギング道にて。


posted by ryuuki at 23:26| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

ローガンダメージ

20180924.jpg

9月24日 月曜日 晴れ時々曇り

いつの日からか、老眼鏡を掛けっぱなしでPC画面と向き合わなくてはならなくなった。以前なら掛けた途端に拒否反応が出たものだが、今では見やすいと感じるのだから相当危うい状況なのではなかろうか。掛けたくないと思えど、掛けざるを得ない今の状況。よく見えるようになったことで仕事も制作もやりやすいが、長時間になるにつれてコメカミが痛くなってくるのと併せて気分まで悪くなってくる始末。眼を閉じて瞼を押さえ、コメカミを押さえ、こまめに眼を休めながらの日々。そんななかにあって、息抜きにと土手に上がってシャボン玉を飛ばすひとときに気分が救われて本当に気持がいい。
遠くまで風に乗って割れずに飛んでゆく光景を眺めに、目と足りないアタマを休めに、また土手に上がってみよう。


posted by ryuuki at 18:17| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

経過健診

20180918.jpg

9月18日 火曜日 晴れ

朝、猫を洗濯ネットに入れて動物病院へ。
患部エリアが広がったことで薬を塗った箇所を舐めているようだと伝え、今日は抗生剤の注射を2本。
本日もよく頑張りました。
これで今日から飲み薬も塗り薬も無し。
ただ、週1で通う度に洗濯ネットに入れていたことで、すっかり警戒されるようになってしまった。
この2週間の間に治ってくれることを願いたい。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(2) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

雨と気温差

20180912.jpg

9月12日 水曜日 雨時々曇り

雨が続いて、いつしか蝉の声も聞こえなくなった。
明け方の冷え込み、この時期に寝冷えしたらえらいこっちゃと、もう一枚掛け布団を引っぱり出した夜。
日暮れ時の僅かな時間でも息抜きしたい。
口寂し病もなんとかしなければ。




posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

経過観察日

20180910.jpg

9月10日 月曜日 雨のち晴れ

我が家の猫の皮膚ただれ。
今朝、1週間目の経過観察の診察に行き、塗り薬に変更となる。1日2回、薄く塗ってと処方されたビクタスSMTクリーム。これ、瘡蓋を剥がしてから塗るのか否かを確認し忘れて帰ってきてしまった。気付いた時には既に診察時間終了後だし、おそらく瘡蓋を剥がしてから塗るんだろうなあと思い思い、少し剥がしかけてみたものの、いやいや待てよと躊躇。猫自身は患部を触られてるのに嫌がる様子もなくゴロゴロの音が聞こえてきていたけれども、やっぱり明朝電話してみることにするべし。



posted by ryuuki at 23:44| Comment(0) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

経過

20180907.jpg

9月7日 金曜日 曇り時々雨

猫の再診察まではあと三日。
粉薬はなんとか毎日服用出来ている今週なれど、掻いて擦って瘡蓋が剥がれるのか、治りかけているように見えた翌朝に改めて見てみたらまた赤くなってジュクジュクな感じ。
薬が効いていたとしても、掻いているとしたら難儀なことだなあ。



posted by ryuuki at 23:51| Comment(3) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

踏ん張る夏

20180906.jpg


9月6日 木曜日 晴れ

猛烈な台風が去った後も蒸し暑さは去らなかった。
秋の雲で埋め尽くされそうな空に、かすかに風に乗って聞こえてくるツクツクボウシの声と暑さが踏ん張る夏を感じさせる。

記憶メモ
北海道で震度7の大地震あり。



posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

昼間の台風

20180904.jpg

9月4日 火曜日 暴風雨

昼間に台風が通過してゆくのはどれくらい振りだろうか。ニュースで最強と言っていただけのことはあって、家が揺れるほどの暴風雨だった。ゴゴゴと音がする度に天井から砂塵が落ちてきて、机の上も、畳の上も、縁側の廊下もジャリジャリに。ガランガラーンという庭先からの音に合羽を着て表に出、風圧で倒れた鉄板、庭道具なんかをさらに風当たりの弱い場所へと移動させたが、幾度となく自分が飛ばされそうになる風が吹き荒れていた午後。雷と暴風にパソコンの電源も落として制作も中断させた。怖がるかと思った猫は、去年の春夏秋と野良で生き抜いただけのことはあってか平然とピアノの上で眠りこけていた。
今は台風の後に降ってきた雨も止んで、何事もなかったかのように静かな夜が過ぎてゆく。


posted by ryuuki at 23:44| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

再診

20180903.jpg

9月3日 月曜日 晴れ

我が家の猫、ワクチン接種の副作用による注射箇所の皮膚ただれが治らず、範囲が広がってきたので動物病院にて再診を受け、1週間分の粉薬を処方してもらって帰宅。粉薬を飲んでくれるか気掛かりであったけれども、チュールに混ぜてみたところ、なんとか今晩分の薬は全て舐めてくれた。明日からの朝晩2回。うまく飲んでくれることと、1週間後の経過観察の時迄にただれが治ってくれることを願うばかり。




posted by ryuuki at 23:25| Comment(0) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

出逢った場所と眠る場所

20180902.jpg

9月2日 日曜日 晴れ

みぃこが生きていれば、共に暮らして今日で15年目だった。
別れの日がきてから約半年。
今年の記念日は、15年前に出逢ったこの場所に眠る在りし日のみぃこの姿を思い浮かべながら、そこに咲く小さな花畑を眺めていた。
魂はいつもそれぞれの胸の内に居て、此処に在るとは思っていないけれど、懐かしめる場所があるのもいいかなと花を眺めながら思うこの頃。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする