2018年11月30日

信用金庫2019年カレンダー

20181130.jpg

大阪信用金庫2019年度カレンダー(B2サイズ)の絵を手掛けさせていただきました。
※画像は見本のため、各月のタマの部分はダミーです。



posted by ryuuki at 21:20| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

夜の訪問者

20181119.jpg

11月19日 月曜日 曇り時々雨

夜更け、猫が縁側でいつもと違う鳴きかたをしている。
近寄ってレースのカーテンをめくってみると、ガラスの向こうの庭に黒猫の姿。赤い首輪に鈴を付けている。去年の夏だったか、我が家の猫がまだ野良で庭に来ていた時、ちょうど庭の草抜きをしている最中にこの二匹が出会った光景を見て楽描きしたことがあったっけ。時々脱走するのか、はたまた家と外を自由に行き来させてもらってるのか知らないが、久しぶりに庭に来た猫を見かけた気がした月曜日。
それにしても、この黒猫がこの日の晩1度目に来た時にはシャーッと言ったりしていたが、2度目、3度目はただお庭にいるところを黙って見てるだけ。そこにそっと近寄って一緒にガラス越しに眺めると、今まで黙ってたくせにその途端シャーッと言ったりして。
家人へのアピールなのかなんなのか。
猫に尋ねてみたいものである。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(2) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

1年記念日

20181115_2.jpg

 11月15日 木曜日 曇り時々晴れ

家猫となって今日でちょうど1年目。
撫でるというより触れるのも怖かった1年前の今日から比べてみれば、お互いに随分と馴染めたんじゃなかろうか。兎に角ひと鳴きもせず、シャーしか言わず、手を伸ばせば鋭い爪のパンチが飛んできてたんだから。それが今ではよく鳴き、シャーも言わず、爪も切らしてくれ、撫でるも抱っこも出来るまでになった。
抱っこはどうにも嫌みたいであるが。ときどき、縁側で寝転ぶ姿、フト見る横顔に、春を待たず向こうへ行ってしまったみぃこの顔が重なって見えるこの頃。
自分の跡継ぎを呼びよせていってくれたのかもしれんと思いつつ、この先も元気で過ごしていっておくれと願う。


posted by ryuuki at 23:58| Comment(2) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

今季初点火

20181114.jpg

11月14日 水曜日 曇り時々晴れ

肌寒さを感じて、とうとうヒーターを点けた。
今日からまた、シュポシュポで灯油を入れて、切れたらまたスタンドまで買いに行っての季節か。
この時だけは、ガスファンヒーターだったらいいのにと思ってしまう晩秋の冷え込み。


posted by ryuuki at 23:57| Comment(2) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

思い思う

20181113.jpg

11月13日 火曜日 曇り

疲れはするも、一先ずはホッとできたのかもしれない。
あとは海と空のように青信号で進んでもらいたいところ。
夜、気になって動物病院へ。
キジバトは一命を取り留めてくれていて、先生の「飛べるようになっても、これからの冬に放すのはどうかと悩んでいる」という言葉に感謝しきり。
この先生に巡り会えてほんとうに良かった。



posted by ryuuki at 23:17| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

庭のキジバト

20181109.jpg

11月9日 金曜日 曇り時々雨

用事で車に乗るべく庭隅のガレージへ行くと、1羽のキジバトがうずくまっていた。
近づいても飛ぶ気配はなく、一歩近づくとその分トコトコと歩いて離れる程度。そのうち庭の茂みのなかに隠れてしまった。怪我でもしているのかもと気になったものの、野生の生きものは野生のままにしたほうがいいだろうと構わないことにしてそのまま出掛けたが、用事を済ませて帰ってみると、また元の位置でジッとうずくまっている。悩んだ挙げ句に捕まえてみれば、胸元からかなりの深手の傷。放っておく気になれず、猫でお世話になっている動物病院へ。
先生に感謝と手術がうまくいくことを願う夜。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(2) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

AD

20181108.jpg

芸術新潮9月号(新潮社)、P.27に写真を使用いただいております。
立ち読みページからもご覧いただけます。

https://www.shinchosha.co.jp/geishin/backnumber/20180825/


posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

オフモード

20181106.jpg

11月6日 火曜日 晴れ

明け方近くの雨音で目が覚めた一日の始まり。
今日は疲れもあってか午後からの予定が思い通りに進められなかった。


いかん。



posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景/屋内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

数ヶ月ぶり

20181105.jpg

11月5日 月曜日 晴れ

久しぶりに立体の制作。
成形したものを何処で乾燥させようかと、我が家の猫からの隠し場所を探してみれば、焼いたまま色付け出来ていない状態の犬猫たちが袋戸棚から姿を見せた。色付けして仕上げても撮影できていなかったり、あっちもこっちも満員になりつつある猫の手の届かぬ隠し場所。
部屋中気にせず置いておけた頃を思うと難儀なことになってきた。


posted by ryuuki at 17:39| Comment(0) | 日々/風景/モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

あかりと眼疲れと

20181103.jpg

11月3日 土曜日 晴れ

描いていても画面を見続けることが出来ず、一旦寝直したお昼前。そろそろ今の老眼鏡の度数では厳しそうだと感じつつも、上げたら更に見えなくなるのではと思うと怖い。眼鏡をズラせて掛け、しばらく描いては天井に目を逸らせ、また描いては他所に目を逸らせの繰り返し。そのうち目を開けているのが辛くなって長期休憩、そんな一日だった。
街あかりのイベントを夜のウォーキングがてらにと見に出掛けたものの、歩きにくい人混みにウンザリして脇道に逃げて帰った晩。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

寝床考

20181102.jpg

11月2日 金曜日 晴れ

冷え込む日が増えてきたからか、ここのところ猫の寝床は僕の掛け布団の上になった。きっと毛布が暖かいんだろう。さすがに布団の中に潜り込んでくるほどまでには懐いてもらえてないけれども、それでもなんとなく嬉しかったりするものだ。ただ、足の上あたりで丸くなりながらスヤスヤと熟睡している猫を起こすまいと身体が固まってしまうまで寝返りをせずに我慢して、寝起きから身体が痛くなっている自分もどうしたものかと考えものである。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(2) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする