2009年04月22日

通せんぼ

2009_0422kumabachi.jpg

4月22日 水曜日 晴れのち曇り

新緑が増すにつれて虫たちもいよいよ本格的に活動を始めたようで、午前中の堤防道ではクマバチがブーンブーンと10M毎の等間隔でホバリングしながら飛んでいる。調べてみれば、等間隔でホバリングしているのはオスの縄張り争いらしい。触っても刺すことはない大人しい蜂なのだそうだけれども、黒と黄色の強いコントラストと大きさは名前の如くやっぱり威圧感があるし、通せんぼするかのようにちょうど人の目線あたりを飛ぶものだから、歩く人にとってはちょっと厄介。つい先日も、たまたま通りかかった中学生くらいの姉弟が、前方に飛ぶこの蜂が怖くて前に進めず、引き返そうとしたら後ろにも飛んでいて立ち往生。しばらくどうしたものかと悩んでいる様子だったけど、ようやく堤防道を通らず横の河原に下りて進む回避ルートを思いついたらしく、急で危険な石段を河原へと下りていった。
見てたんなら追っ払ってあげれば、と思われたりもするでしょうが、僕もまぁ怖いわけです。
posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。