2019年01月20日

見知らぬ猫

20180120.jpg

1月20日 日曜日 雨のち曇り

にゃあごぅにゃごぅと、庭先のほうから猫の鳴く声。
我が家の猫は直ぐさま縁側へと走って行った。その後をついて行ってみれば、縁石の上に見知らぬ猫。僕が傍まで近寄っても逃げるふうでもなく、ウチの猫とガラス戸越しに鼻先をすり寄せていた。家人の話ではこの猫、十日ほど前にも一度来ていたとのこと。青い目とフクフクした顔がなかなか可愛らしい。どこかで飼われてたのか、今も飼われていてこっそり抜け出してきてるのか、もともと野良でパトロール中なのかは知る由もないが、人懐っこそうな雰囲気の猫だった。年末の晩に商店街で悠々と歩くアライグマを見かけたことがあるが、こういう猫たちにとってはさぞや脅威な存在なことだろう。襲われることなく、また時々は顔を見せにきておくれよと思った日曜の午後のこと。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(2) | ウチのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気になりますね。目が青い、模様が何かラグドール?ぽいような…
でもラグドールだともっとフワフワですね。

結構丸いので餌付けしてる子かな?
うちの近所にも餌付けしてる子がウロウロしてるのでこむぎは警戒しまくりです。
縄張り意識強いので仕方ないですが…

兵庫でも山の中に長毛種の可愛い子が捨てられていたのですがこむぎが居るので飼えませんでした。
他に餌を与えてる人が居たのでちょっとは良いですが冬は雪も積り心配です。
あんな所に捨てる飼い主の気が知れないですね。

そちらはアライグマが出るんですね。
かなり凶暴と聞いた事は有るのですが…
こちらは最近キツネが出ますね。
結構大きいので驚きます。
Posted by Taka at 2019年01月25日 22:02
外猫にとっては、冬もまた厳しい季節ですね。
アライグマも一度見かけただけなのですが、後のことを考えずに飼ったり捨てたりする身勝手な人間の為に害獣と見なされていることにやるせなさを感じます。
キツネはめっきり見かけなくなりました。好きな動物なだけに羨ましいです。
Posted by ryuuki at 2019年01月26日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]