2019年11月30日

夕べの三日月

20191129.jpg

11月30日 土曜日 晴れ

夕べ、土手に上がると三日月が西の空にぽつねんと佇んでいた。
この白くて細い三日月を見る度に、いつも自分のなかだけにある、見えるようなみえないような絵の景色が勝手に広がってゆく。
そして、澄んだ冷たい空気が夕闇の空をきれいに見せてくれるのと引き換えに、足下から凍みてくる冷え込みで足先の感覚があっと言う間に消えていった。
色づいた桜の木の葉がどんどことその葉を地面に敷き詰めながら薄着になってゆく晩秋。
また冬が近くなった。

posted by ryuuki at 22:36| Comment(0) | 日々/空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]