2020年11月01日

猫と箪笥

20201031.jpg

10月31日 日曜日 晴れ

奥の部屋のタンスを母屋へと運ぶことになりました。引き出しも抜いて空にしたとはいえ相当な重さなうえに縁側の廊下は狭すぎてタンスが通れる幅にあらず、底に布を敷きながら引っ張っての移動も出来ない為、仕方なく今回も二人掛かりで庭から運ぶことに。
猫が縁側に出てこないようにと座敷の障子戸に取り付けている「くぐり戸」の穴を段ボール箱で塞いでから縁側の硝子戸を開け放し、エンヤコラと庭を通って縁側の上がり框までようやく辿り着いたところで上がり口に目をやると、硝子戸全開の縁側にちょこりんと座って我々を見ている猫の姿あり。気持ちは焦れどもタンスを抱えてるだけに身動きも取れず、とにかくゆっくりタンスを廊下に上げ入れました。その間もジッと我々を眺めているだけで庭に下りる素振りもない様子だったので、猫への無関心を装いながら硝子戸を閉めて事なきを得ました。
ほんまに冷や冷やしたけれど、よくまあ猫も庭に下りんかったものよ。
兎にも角にもあぁ良かったと胸を撫で下ろした晩のこと。



posted by ryuuki at 22:59| Comment(4) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マルコちゃんがお外に出なくて良かったですね。

ハチワレちゃんの事が有るので気が気じゃないです。
こちらは田んぼばかりなのでまだいいですね。
Posted by Taka at 2020年11月22日 03:24
一度庭に降りられた経験があるだけにヒヤッとしました。その時も逃げ込んだ先は家の中でしたので、今は外よりも家の中のほうが安全地帯と思っているのかも知れませんね。

周りが田ン圃ばかりというのは猫も安心だし、何より風景に和ませてもらえそう。野焼きの白い煙やその匂いが好きなんですが、家の周辺の田ン圃は姿を消してしまいました。庭の落ち葉を燃やすことも出来なくなり、何かと不便になっています。落ち葉焚きの煙の匂いも好きなんですが。。。
Posted by ryuuki at 2020年11月23日 14:15
街中だと田んぼ全然無いですね。
八幡は田んぼだらけですね。
家も離れてるので遠くも良く見えますね。
この間の花火も間近で建物が無く見えたので驚きました。(場所によってはやってないかもです)

昔は焚き火とか普通でしたが今は難しいですね。

Posted by Taka at 2020年11月30日 23:51
八幡の辺りは田んぼが広がって気持ちよく、好きな風景です。
時々花火の音だけが聞こえてきますが残念ながら私の家からでは見えないだけに羨ましいです。
焚き火もできたら随分楽なんですけどね。
Posted by ryuuki at 2020年12月04日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]