2019年07月22日

50

20190722_2.jpg

7月22日 月曜日 曇りのち雨

朝から鳴いていたクマ蝉の声が止んで、雨が降ってきた。
ざんざん降って、シトシト降って、どうやら今は止んでいるらしい。
風もなく、梅雨明けもせず、ただただ蒸し暑い七月が続いているなかでまたやってきた、節目の日。
歳を重ねるのも、月日が流れるのも、ただただ早く。
梅雨が明けたら、どこか夏の風景を見に出掛けたい。



◇近日出展予定の企画展及びイベント◇
gallery-mamma mia & patisserie MiA 15周年記念展
7月24日(水)→ 8月25日(日)
gallery-mamma mia【滋賀】

ねことしあわせshop
8月14日(水)→19日(月)
大丸梅田店15階 特設会場【大阪】

ART Stream 2019
9月6日(金)→ 8日(日)
大丸心斎橋店北館14階イベントホール&大丸心斎橋劇場【大阪】
posted by ryuuki at 19:50| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

帰り道

20190624.jpg

6月24日 月曜日 晴れ時々曇り

夜の九時過ぎ。
お友達宅まで届け物をした帰り、家の前まで来たところでフト空を見上げると、南東の夜空、明るく輝く木星のすぐ下に蠍座が見えていた。
夜風が心地よかった梅雨入り前の夜道にて。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

赤い月が昇ってきた夜

20190619.jpg

6月19日 水曜日 晴れ

さぼりがちになってしまい、重くなっ体が足の進みを鈍らせるこの頃のジョギング。
そんな道中でフト顔を上げると、ちょうど赤い月が山の端の上に昇ってきているところだった。薄雲の向こうに透けてはいたけれど、いつもながらに神秘的でハッとさせられる大きくて赤い満月。
あぁ、それにしても足が怠い。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

ガリ

20190502.jpg

5月2日 木曜日 晴れ

晩ご飯を食べている最中、口の中で『ガリッ』という聞き覚えのある音と感触。
硬い異物を口から取り出してみれば、思った通り先日治療してもらったばかりの奥歯の銀の詰め物だった。右では極力硬いものを噛まないようにしていたのになあ。
ゴールデンウィークの最中だというのにトホホな夜。


posted by ryuuki at 23:53| Comment(2) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

補修

20190127.jpg

1月27日 日曜日 晴れ

かねてから悩みの種のひとつだったカーポートに発生する結露。
点々と滴り落ちる水滴が酷くてどうしたものかと思い倦ねた末、これでも無いよりはマシかとホームセンターでスポンジを買ってきて屋根部分の鉄柱に巻き付けた。普段の結露水滴の量が如何ばかりかわからないので応急処置程度として大した期待もしていなかったのだけれども、思いの外効果がでているようで有難い。



posted by ryuuki at 22:47| Comment(2) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

雪の晴れ間に

20190126.jpg

1月26日 土曜日 晴れ時々雪

見上げる青空の北西方面にいた雪雲の帯がゆっくりと比叡の山並みを霞ませはじめ、やがて見えなくなると強風と雪を吹きつけながら琵琶湖を渡ってきた午後。暫し雪風を避けるべく建物の影に雪宿りして数十分経つと、またゆっくり雪風が弱まって青空が顔を見せた。雪雲のあい間に見える空の青と、そこに舞う無数の雪の光景がほんとうに美しく、カメラを持っていなかったことを残念に思うもしようがないので今日は記憶スケッチに。息抜きにと持ってきたシャボン玉も今日は条件がすこぶる良いようで、ずっと遠くの空まで吹き上がりながら空に吸い込まれてゆく光景がこれまたすこぶる気持ちよかったものの、暫くするとまた次の雪雲。あれよあれよという間に山と周囲の町並みを白に変えて、そのまま僕も家へと追い返される羽目になってしまったけれど、束の間の良い息抜きになった雪の晴れ間。


posted by ryuuki at 21:55| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

ただただ落としているだけの時間

20180118.jpg

1月18日 金曜日 晴れ

なんとか出先での待ち時間に複数案浮かんだ週末。
あまりにもラフすぎて、もういっぺんの描き直しを強いられたけれども、一先ずひとつは少し前へ進んだ。どちらをどれくらい先に進めてという時間配分の下手さは相変わらずなものの、指先で描くことに慣れたことで出先でも描くことが出来るうえにファイルも保存しておける iPadのSketches 。
便利で有難いツールになっている。



posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

誤算

20190115.jpg

1月15日 火曜日 雨時々曇り

昼過ぎあたりには終わるだろうと思っていた作業に思いのほか手間取ってしまい、ほぼ丸一日掛かってしまった。
相当の甘い考えだった自分予定。
そんななかにあっては、返信しておかねばならないメールの文面作りに費やす作業もばかにならない。電話のほうが早かったりするところではあるけれども、確認事項も含まれる内容の場合は履歴が残っているに越したことはないだけに、文章を早く組み立てられない自分をただただ嘆くしかなかった火曜日の晩。

そして、隣の部屋でヒーターの給油を知らせるキラキラ星のメロディーが鳴っている。
もう灯油を買いにいかねばならんとは。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

レビュー

20190111.jpg

1月11日 金曜日 晴れ

昨年暮れに買ってみた静電気除去キーホルダー。
効力があるものかと半信半疑だったものの、車のドアノブに当てる度にピカピカッとオレンジ色の閃光を発して放電してくれているおかげで、使い始めてから一度も静電気のバチバチを感じることなく済んでいる。
ただ、一度だけ人の手に触れてバチッときたことがあった。まあ恩恵を受けるには常に手に持っていなければならないからして、こういう場合は致し方ないけれども、使う度に閃光を目にしている自分のような静電気帯び人間には無駄な買い物にならずに済んでいる有難い冬。


posted by ryuuki at 19:49| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

2019

20190101.jpg

1月1日 火曜日 晴れ

新年おめでとうございます。
皆さまにとって良き1年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


いきなり朝から風邪をひきそうな感覚を覚えて葛根湯を飲んで寝直した新しい年の始まり。



posted by ryuuki at 22:56| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

冷え込む

20181227.jpg

12月27日 木曜日 晴れ

天気予報の通り、昨日までとはガラッと違う冷たい北風が吹いて一気に冷え込んだ。
ヒーターを点けるも、設定温度まで室温が上がってこないし、これじゃあまた一気に灯油が無くなってしまいそうで嫌だなあ。それでも今日は、ようやく先月からの気掛かり事から解放されてホッと安堵の日となりました。だからという訳ではないけれど、寒いし風は冷たいし、本日のジョギングはお休みとしよう。

メモ:
29日に最寄りのガソリンスタンド、3円値下がり。



posted by ryuuki at 22:02| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

三年振り

20181206.jpg

12月6日 木曜日 曇りのち雨

歯が割れてしまい、三年振りに治療してもらいに淀屋橋へ。
自分のようなビビリにとっては、ほんとに上手な先生で有難いデンタルクリニックである。麻酔も治療も歯石取りも痛くないにも関わらず、やっぱり今日も肩に力が入って汗だくになってしまった。
恥ずかしいかぎりである。





posted by ryuuki at 23:07| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

庭のキジバト

20181109.jpg

11月9日 金曜日 曇り時々雨

用事で車に乗るべく庭隅のガレージへ行くと、1羽のキジバトがうずくまっていた。
近づいても飛ぶ気配はなく、一歩近づくとその分トコトコと歩いて離れる程度。そのうち庭の茂みのなかに隠れてしまった。怪我でもしているのかもと気になったものの、野生の生きものは野生のままにしたほうがいいだろうと構わないことにしてそのまま出掛けたが、用事を済ませて帰ってみると、また元の位置でジッとうずくまっている。悩んだ挙げ句に捕まえてみれば、胸元からかなりの深手の傷。放っておく気になれず、猫でお世話になっている動物病院へ。
先生に感謝と手術がうまくいくことを願う夜。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(2) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

寝床考

20181102.jpg

11月2日 金曜日 晴れ

冷え込む日が増えてきたからか、ここのところ猫の寝床は僕の掛け布団の上になった。きっと毛布が暖かいんだろう。さすがに布団の中に潜り込んでくるほどまでには懐いてもらえてないけれども、それでもなんとなく嬉しかったりするものだ。ただ、足の上あたりで丸くなりながらスヤスヤと熟睡している猫を起こすまいと身体が固まってしまうまで寝返りをせずに我慢して、寝起きから身体が痛くなっている自分もどうしたものかと考えものである。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(2) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

猫のいなくなったジョギングコース

20181016.jpg

10月16日 火曜日 晴れ

夜のジョギングコースにいつも居た人懐っこい猫が、いつの日からかパッタリ姿を見せなくなった。毎晩走れているわけでもないし、何があったのかは知る由もないけれど、原因が良いことであるようにと思いたい。最近では今日は居るかなと、走りに行く時のちょっとした楽しみになっていただけに、何となく寂しいジョギングコースになっているこの頃。


posted by ryuuki at 23:41| Comment(3) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

ローガンダメージ

20180924.jpg

9月24日 月曜日 晴れ時々曇り

いつの日からか、老眼鏡を掛けっぱなしでPC画面と向き合わなくてはならなくなった。以前なら掛けた途端に拒否反応が出たものだが、今では見やすいと感じるのだから相当危うい状況なのではなかろうか。掛けたくないと思えど、掛けざるを得ない今の状況。よく見えるようになったことで仕事も制作もやりやすいが、長時間になるにつれてコメカミが痛くなってくるのと併せて気分まで悪くなってくる始末。眼を閉じて瞼を押さえ、コメカミを押さえ、こまめに眼を休めながらの日々。そんななかにあって、息抜きにと土手に上がってシャボン玉を飛ばすひとときに気分が救われて本当に気持がいい。
遠くまで風に乗って割れずに飛んでゆく光景を眺めに、目と足りないアタマを休めに、また土手に上がってみよう。


posted by ryuuki at 18:17| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

台風が通り過ぎてゆく夜

20180823.jpg

8月23日 木曜日 雨

台風の風が、ごうごうと唸りながら家中の戸を何度も叩いている。
陽が落ちる前に縁側の雨戸を閉めておいてよかったと、大きく枝葉を揺らす庭の木々と斜めに降りつける雨粒を眺めながら思うも、風はまだまだ隙間だらけのこの家に滑り込んできて、押し入れ、台所、風呂場のガラス戸をガタガタと揺らしてゆく。
ガランガラーン。
表で何かが転がるような金属音が聞こえて、また一段と風雨が強まってきた。
大きな被害の無いことを願う夜。


posted by ryuuki at 23:32| Comment(2) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

雨の降らない夏

20180805.jpg

8月5日 土曜日 晴れ

雨も降らず、夕立もない夏。
雨らしい雨といえば台風が通った時ぐらいで、夕立も梅雨明け以降は一度しか記憶にないような、かんかん照りの夏が続いている。庭のブルーベリーも暑さのせいでなのかは定かでないが、幾つもの実がしなびてしまっていた。
今日も夕立はなく、これはさすがにと縁側から水を撒いた日暮れまえ。


posted by ryuuki at 19:36| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

夏の夜空の赤い星

20180716.jpg

7月16日 月曜日 晴れ

七月。
夜空の南南東あたりにポツンとひとつ、赤く瞬いている星がいる。
縁側越しに、夜のジョギングに、いつも視界に入ってくる赤い星。
あれ、何て名の星やろか。
火星か?


posted by ryuuki at 23:29| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

暑すぎる夏

20180714.jpg

7月14日 土曜日 晴れ

この週末から連休明けまでは丸潰れになることを予測していた予定に少し猶予ができたので、伸び放題の草の手入れにと庭に下りた昼下がり。あっちもこっちもそっちもどっちもと、かねてから気になりながらも眺めているだけだったエリアの、さあ何処からやっつけていくべしかと考えているうちに汗だくのクラクラにさせられた今日の暑さの酷いことよ。とりあえず此処からと、エアコン室外機の周りに押し寄せたる雑草と蔓を切り始めたが、太陽の暑さと室外機から吹き付けてくる熱風に1ラウンドからヨタヨタなってしまった。
結局、あっちもこっちもそっちもどっちもの、あっちだけでギブアップ。
外からも縁側からも見えないエリアだけで終えることにはなってしまったが、やっておけてよかった。
猫はいつものように寝そべりながら、縁側の網戸越しに作業する僕を眺め、いまは座敷のテーブルの下で寝そべって眠っている。冷房の風と冷房で冷えた部屋は嫌なのか、ほとんど僕の居る部屋には留まらない。
網戸からの風も殆ど入ってこないムゥッとする座敷でも、外気を感じられるほうがいいんだろうなあ。
好きなところに居ればそれでいいけど、熱中症にならんでくれよね。


posted by ryuuki at 23:17| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

車検と夕立

20180702.jpg

7月2日 月曜日 晴れ一時雨

車検の日。
永年乗っているだけあって、やっぱりというか予想通りというか、大事なパーツのあちらこちらにガタがきていた。車検自体はクリアしたが、この先の部品交換なんかをどうしたものかと悩みながら店を後にしたお昼過ぎ。

そして、今日もまた夕立がきた。
ここのところ連日である。今日も鳴り響いてくる大きい雷鳴に、仕方なく作業も中断。〆切りにだけは何とか間に合ってよかったけれど、過去にMacの電源が落ちてデータがパァになるという苦い経験をしているだけに、この先もいつ一旦システムを終了させるかの判断に悩まされることになりそうである。
雨が止んで、風が止んでも、湿気だけは止まず。

蒸し暑い。


posted by ryuuki at 18:46| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

データ移行

20180602.jpg

6月2日 日曜日 晴れ

かれこれ20年前からCDRに焼き付けて保存してきた絵や仕事のファイルデータを、もしも消えてしまったらの恐れと山積みのディスクから探さねばならない面倒さから解放されるべく、容量の大きい外付けHDDを購入して1枚ずつファイルデータを移行。過去に作品撮影して保存していたファイルデータなどはUnixファイルとなって表示され、適当な拡張子を付けなければ開くことができなくなっていたりと、面倒な作業を乗り越えての面倒さからの解放という感じでしたが、これで気も楽になりました。


posted by ryuuki at 20:58| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

福は内

20180203.jpg

2月3日 土曜日 晴れ

節分。
豆まきをした思い出は、もう思い出せないほどに遠く、弟が楽しみにしていた恵方巻きを頬張る姿だけが目に浮かぶ。
いつの間にか暦はもう2月になり、明日はもう立春だとか。
今年もあっという間に過ぎていきそうだ。


posted by ryuuki at 23:15| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

雪降る

20180122.jpg

1月22日 月曜日 曇りのち雨一時雪

昼過ぎから降り始めた雨が雪になり、また雨になり、再び雪となって少しずつ積もってきた。
襖一枚隔てた隣の部屋からの冷気がスゥスゥと滑り込んできて、背中越しだけ温かい空気と冷えた空気がクルクルと混ざり合っている。
外の気温と変わらないほどに思える縁側を通ってのトイレが億劫になるほど寒いのに、冬を経験せぬままに室内で暮らすようになった新入り猫は、寒さも構わず遊べ遊べと縁側へ出たり戻ったり。その度に仕方なく開けた襖の向こうから入ってくるキンキン冷気が、折角温もったこの部屋の空気をいっぺんに連れ出していってしまう。
冷えたからか、またトイレに行きたくなってしまったではないか。
ちめたい縁側を通りながらカーテン越しに外をみたら、もう雪は止んでいた。
うっすら白い雪景色。
明日はどうなっていることやら。


posted by ryuuki at 20:44| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

新年

20180103.jpg

1月3日 水曜日 曇り時々晴れ一時雪

あけましておめでとうございます。
初雪が舞った新年三日目。
皆さまにとって、健やかに幸多き年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


posted by ryuuki at 21:30| Comment(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする