2020年12月26日

伏せって焦って

20201226.jpg

12月26日 土曜日 晴れ

先週末から体調優れぬ日が飛び石で続いてしまい、予定が随分と変わってしまった今週。気がつけば、クリスマスも終わっていた。あれこれと追われることは有り難いものの、自分の気が急いてしまうことが周りに迷惑をかけることに繋がってしまい、これは実に申し訳ない。そして、それを分かっていながらも抑制が効かない自分がその度その度嫌になるのでした。
そんなこんなで今週はまるっきり走りにも歩きにも行けてない。
いかん。


posted by ryuuki at 19:00| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

冬風

20201216_kodati.jpg

12月16日 水曜日 晴れ

夕暮れの堤防道、琵琶湖のある西から吹き付けてくる風が冷たく、ネックウォーマーを頬まで上げて歩いた。比良山系の方面は重く垂れ込めた雪雲に覆われているものの、比叡山から南の方面は夕焼けが美しく、ピンク色に染まる雲に暫し目を奪われるほど。寒いほど景色はきれいだけれど、指先が痛くなるほど冷え切って、歩きをジョギングに切り替えて家に帰った午後5時前のこと。

冬になった。

posted by ryuuki at 18:34| Comment(2) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

湖岸ドライブ

20201202.jpg

12月2日 水曜日 晴れ

気分転換に少しだけドライブ。
家を出るのが遅かったことで、目的の寺院に着いた時には既に陽は西に傾いて日陰になってしまっていた。
今から入ってもと予定を変更し、琵琶湖岸を走って帰ることに。
琵琶湖岸の道路に出たところで日没前となったので、暫し琵琶湖の夕景を眺めました。
風は冷たくも空気は澄んで、ぐるっと琵琶湖を囲む山々まできれいに見渡せた夕方のこと。


posted by ryuuki at 00:00| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

慣れない作業

20201126.jpg

11月26日 木曜日 曇り

パソコンメモリの増設。
こういうことに疎く、不器用な者にとっては緊張の作業。
あー疲れた。



posted by ryuuki at 23:42| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

庭の晩秋

20201121.jpg

11月21日 土曜日 晴れ

雨が上がって、庭の紅葉も少し色づきがよくなったように感じる。
この秋はモミジよりもこの植物の葉っぱの色が一際綺麗に見える、縁側越しの庭の秋。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

湖畔にて

2020_1119.jpg

11月19日 木曜日 晴れ

陽射し強く、半袖でも過ごせそうな程の暑さのなか、少し気分を変えにと琵琶湖岸道路を走ってアヒルのいる湖畔で暫し息抜きした木曜日。
観光スポットは相変わらず人出多く、目にする飲食店でも静かな会食の光景など何処にあるのかという感じ。家族でならまだしも、友人知人と飲食店に出掛けての静かな会食なんて、おそらくあり得んだろうなあ。


posted by ryuuki at 15:57| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

陽負け寄り道

20201117.jpg

11月17日 火曜日 晴れ

家人を待つ間に行ってみた宇治市植物公園。
園内を一通り回り終える頃には二人ともすっかり陽負けしていたらしく、帰宅後はぐったりで押し寄せる睡魔に呑み込まれるように眠りこけてしまった。
歳を感じる。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

最後の明かり

20201030.jpg

10月30日 金曜日 晴れ

煤汚れて角隅がめくれ上がった壁紙、置かれてあった家具や壁の傷痕。所々に剥がれ落ちたフローリング、劣化してヒビ入った硝子戸に点かなくなったままのキッチン照明。部屋の鍵を返し、空っぽになった部屋を眺めてみたら、暮らした歳月の永さと時々の光景が浮かんでは消えてゆきました。
最後はジョギングに散歩にと利用した夕闇迫る公園をぐるっと一周り、珍しくも沢山の猫に出くわしながら二人歩きして戻り、もう戻ることのない部屋の照明を消して扉を閉めた、満月が綺麗に昇る土曜日のこと。


20201030_4.jpg

20201030_3.jpg

20201030_5.jpg


posted by ryuuki at 22:58| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

寝冷えプラス

2020_0204.jpg

2月4日 火曜日 晴れ

先週後半あたりから背中ゾワゾワ感がとれない日が続いたうえにイメージから逸れた案を出してしまったりでドタバタになった数日。
あっちもこっちも日が迫ってしまい、焦りばかりの連日になって危うかったけれども何とか乗り切れて一先ず肩の荷が下りた。
そんなここ数日の背筋に寒さを感じる原因となっていたのは、布団に入ってきて寝るようになった猫に気を遣いすぎて背中が布団から出てしまってるからのようで。おまけに寝返りもうててないことで筋肉も痛いし、今日は寝違えたのか朝からずっと首が痛い。
嬉し辛しのところもあるけれども、とにかくどの案件も間に合わせられてよかったに至れた今日という日でありました。

ちゃん。



posted by ryuuki at 00:13| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

定期点検の日

20191209.jpg

12月9日 月曜日 晴れ

車の12ヶ月点検の為、ディーラーのある大津へ。
今日は快晴で寒くもなく、並木道の紅葉はまだまだ見頃という感じで鮮やかな服を着て並んでいた。
帰りに猫のいるカフェに立ち寄って、珈琲を飲みながら写真集を見せてもらい、猫を眺めながらマスターのギターと歌を聴かせてもらった。
猫と珈琲と音楽と。
今日も平和な時間が流れていた。



posted by ryuuki at 23:41| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

北陸路

20191030.jpg

10月30日 水曜日 曇りのち晴れ

北陸旅、一泊二日。
一人も家に残らなかった旅が、十五年振りである。
猫も二日間、よく留守番してくれました。



posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

確定申告終えて

20190306.jpg

3月6日 水曜日 曇りのち雨

確定申告を終える。『終える』なんて書いてしまったが、正しくは『終えてもらった』である。
大昔は自分でやっていた時期もあったけれど、もはや手伝うことも出来ないくらい忘れ果ててしまった。連日遅くまで領収書と計算を続けてくれている姿を横目に、青色申告のソフトを買ったほうがいいのではと思ってしまいながらも買わないままに青色申告部会の日を毎年迎えている。
なんとか今年も無事に終えられて、お疲れさまでした。
税務署へ向かう前、久しぶりに長居公園の梅林へ。公園内の道すがらにはカワズザクラが咲いて、何人ものランナーが僕を追い越してゆく。此処を毎晩走っていた日が懐かしい。辿り着いた梅林は、ほのかに甘い梅の薫りで包まれていた。
パッと税務署へ行ってパッと帰ろうかとも思ったけど、やっぱり立ち寄ってよかった。


posted by ryuuki at 23:00| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

冬紀行

20181212.jpg

12月12日 水曜日 曇り時々雨

雨が降って、雨が止んで、時折僅かな雲間から陽が射して、その度に何度も虹が出ていた。
防波堤に打ち寄せてはじけてゆく白波と風の冷たさに、遅いながらもいよいよの冬を感じた日。
初めて目にした、走る車の直ぐ真横から煌々たる虹が空に伸びてゆく光景も、写真に撮れなかったまでも圧巻で美しい自然現象を見た記憶としてここに。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

今季初点火

20181114.jpg

11月14日 水曜日 曇り時々晴れ

肌寒さを感じて、とうとうヒーターを点けた。
今日からまた、シュポシュポで灯油を入れて、切れたらまたスタンドまで買いに行っての季節か。
この時だけは、ガスファンヒーターだったらいいのにと思ってしまう晩秋の冷え込み。


posted by ryuuki at 23:57| Comment(2) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

思い思う

20181113.jpg

11月13日 火曜日 曇り

疲れはするも、一先ずはホッとできたのかもしれない。
あとは海と空のように青信号で進んでもらいたいところ。
夜、気になって動物病院へ。
キジバトは一命を取り留めてくれていて、先生の「飛べるようになっても、これからの冬に放すのはどうかと悩んでいる」という言葉に感謝しきり。
この先生に巡り会えてほんとうに良かった。



posted by ryuuki at 23:17| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

あかりと眼疲れと

20181103.jpg

11月3日 土曜日 晴れ

描いていても画面を見続けることが出来ず、一旦寝直したお昼前。そろそろ今の老眼鏡の度数では厳しそうだと感じつつも、上げたら更に見えなくなるのではと思うと怖い。眼鏡をズラせて掛け、しばらく描いては天井に目を逸らせ、また描いては他所に目を逸らせの繰り返し。そのうち目を開けているのが辛くなって長期休憩、そんな一日だった。
街あかりのイベントを夜のウォーキングがてらにと見に出掛けたものの、歩きにくい人混みにウンザリして脇道に逃げて帰った晩。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

海辺にて

20181010.jpg

10月10日 水曜日 曇り時々雨

用事で出掛けた津市の海辺。
合間に寄った阿漕浦の懐かしい風景も様変わりするのか、交通公園が工事中。
その向こうに見える御殿場浜、海の家のあたりも変わりそうな雰囲気に見えた午後。束の間、シャボン玉で息抜きしながら、夏が去ってガランとした海辺の風景を眺めていた。疲れているのか帰りの道中から眠気が募り、帰宅後しばらく眠りこけてしまった。
いかんいかん。


posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

金木犀の匂いがした夜

20180927.jpg

9月27日 木曜日 曇りのち晴れ

夜の堤防へと向かう小径に、キンモクセイの甘い薫りが漂っていた。
子供の頃の遠足や運動会を思い出すとともに秋を感じる好きな薫りについ足が止まる。
そういや昨日の晩は肌寒さも感じたし、いつの間にやら秋も深まってきたのかもしれん。
今晩は行き詰まった頭の引き出しから新しい発想が降りてこないものかといつものジョギングはやめて歩いてみたけれど、何にも思い浮かばないうちに家の前に着いてしまった。
しょうがなし。また画面と睨めっこしながら考えるかと、もう一度まあるい月を見上げて玄関の戸を閉めた夜。









posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野焼きの匂いがした晩

20180925.jpg

9月25日 火曜日 晴れ時々曇り

土手に上がると、籾殻の焼けた匂いがした。
何処からの風に運ばれてきたのか知らないけれど、好きなこの匂いにスーッと気持が和らぐ。
静かな夜の、ジョギング道にて。


posted by ryuuki at 23:26| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

踏ん張る夏

20180906.jpg


9月6日 木曜日 晴れ

猛烈な台風が去った後も蒸し暑さは去らなかった。
秋の雲で埋め尽くされそうな空に、かすかに風に乗って聞こえてくるツクツクボウシの声と暑さが踏ん張る夏を感じさせる。

記憶メモ
北海道で震度7の大地震あり。



posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

昼間の台風

20180904.jpg

9月4日 火曜日 暴風雨

昼間に台風が通過してゆくのはどれくらい振りだろうか。ニュースで最強と言っていただけのことはあって、家が揺れるほどの暴風雨だった。ゴゴゴと音がする度に天井から砂塵が落ちてきて、机の上も、畳の上も、縁側の廊下もジャリジャリに。ガランガラーンという庭先からの音に合羽を着て表に出、風圧で倒れた鉄板、庭道具なんかをさらに風当たりの弱い場所へと移動させたが、幾度となく自分が飛ばされそうになる風が吹き荒れていた午後。雷と暴風にパソコンの電源も落として制作も中断させた。怖がるかと思った猫は、去年の春夏秋と野良で生き抜いただけのことはあってか平然とピアノの上で眠りこけていた。
今は台風の後に降ってきた雨も止んで、何事もなかったかのように静かな夜が過ぎてゆく。


posted by ryuuki at 23:44| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

日帰り丹後

20180828.jpg

8月28日 火曜日 曇り一時雨のち晴れ

丹後まで日帰りドライブ。幸い予報に出ていた雨もお昼頃に少し降っただけですみ、宮津から伊根、袖志、間人、峰山を夕方まで巡る。消えゆく原風景が多いなかにあって、こういう場所がそのまま永く残っていることが羨ましく思えたりもする。広範囲で何処もゆっくりは出来なかったから、また海が青く見える日にもう一度訪れてみたい。
宮津・伊根・新井の棚田(伊根)・蒲入・袖志の棚田・立岩(間人)・碇高原牧場(碇)・間人アイスキャンデー(間人)・お食事処きくのや(峰山)



posted by ryuuki at 23:59| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

台風一過

20180825.jpg

8月25日 土曜日 晴れ

台風が去って、ぱったりと蝉の声が聞こえてこなくなった。
今日の座敷から見える縁側越しの空はあんなにも晴れ渡っているというのに、さぞかし土から出てきたばかりの蝉にとっては名残惜しすぎる夏だったろうなあ。
台風が蝉まで連れ去っていっても、蒸し暑さだけはしっかりと居残ったまま。
今日はこれをするべしと決め、新しく試みようと買っておいた素材を袋から取り出してみたら、これがまた予想以上に使い難く、そこへもってきての蒸し暑さも相まって途中で投げ出してしまった。
とはいえやっぱり勿体ないですから、そこは思うようにいかないながらも無くなるまで作ってみるわけですが。。。
これから新しいものを試すときは、間違いないと思っていても、とりあえず一袋だけにしておかねばなるまい。
そんな夜、思わぬ嬉しい贈りもの。
ありがとうございました。
ご馳走になります。


posted by ryuuki at 23:05| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

蒸し暑さ戻る

20180821.jpg

8月21日 火曜日 晴れ一時雨

台風の影響なのか朝から蒸し蒸しと暑く、我慢ならずにクーラーのスイッチを点けた。スーッと涼しくなったこの部屋の、襖1枚隔てた隣の座敷は湿気で満ち溢れ、トイレに行くべしと縁側に出ただけでムゥッとした空気が押し寄せてくる。すんなりと秋へとは切り替わらず、蒸し暑さを連れて戻ってくる夏の終盤。
なんとか二つのイメージ案が出て、ほんの少し気が休まった。
やらねばならんことがまだまだあり過ぎるくらいあるというのに、思うように動かない駄目な自分がいる。


posted by ryuuki at 23:58| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

お届けの夏

20180812.jpg

8月12日 日曜日 晴れ

絵を届けに京都へ。
何処を巡るというわけでもなかったけれど、なんとかお盆明けまでにお渡し出来てよかった。
またいつかゆっくりと。
ありがとうございました。


posted by ryuuki at 19:08| Comment(0) | 日々/風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする